> > > 無水調理鍋Leggiero(レジェロ)を使って『ステーキ肉のとろける無水ビーフシチュー』を作ってみた(^^)

越後プロパンBLOG

2022.05.11 COOKING

無水調理鍋Leggiero(レジェロ)を使って『ステーキ肉のとろける無水ビーフシチュー』を作ってみた(^^)

 

こんにちは~(^^)

 

今回は以前紹介した、リンナイから発売された無水調理用鍋のLeggiero(レジェロ)を使って無水料理を作ったので紹介します!

(Leggiero(レジェロ)についてはこちら)

 

 

 

みなさんはステーキ肉を使ってどんな料理をしますか?

個人的にとっても気になります。。。

わたしはスーパーのステーキ肉コーナーに行くたびに、お肉を覗いてはスッと通り過ぎてしまいます・・(^^;

料理のレパートリーが少ないので、たとえ買ったとしてもせいぜい「焼く」だけ。

それはそれでいいのだけれど、もっとあの高級感を「焼く」以外で楽しみたいのが本音です。

 

そんな時にプラスアールレシピを見ていたら美味しいそうなものを発見しました!

『ステーキ肉のとろける無水ビーフシチュー』

なんですってぇぇぇええええ??!!

と~ろ~け~る~~~~~???!!

完全に料理名に惹かれました(よだれ(・q・))

デミグラスソースと共にじっっっくり煮込んで、やわらかくなったステーキ肉を味わいたい・・(*´艸`*)

しかも最近ハマっている無水とくれば、作らない理由がない!!!

 

と、いうことで今回はプラスアールレシピの「ステーキ肉のとろける無水ビーフシチュー」をつくってみました~(^^)

 

リンナイのDELICIA(デリシア)Leggiero(レジェロ)、そしてプラスアールレシピ(+R RECIPE)アプリ使って簡単に作れたので紹介していきまーす(^^)

 

~準備~

アプリとコンロを連動しておきましょう

 

【材料(4人分)】

・牛ステーキ肉(600g)

・塩(下味用)(小さじ1)

・こしょう(下味用)(適量)

・薄力粉(大さじ2)

・玉ねぎ(3個)

・にんじん(1本)

・マッシュルーム(100g)

・バター(40g)

■赤ワイン(200ml)

■カットトマト缶(1/2缶(200g))

■デミグラスソース缶(1缶(290g))

■はちみつ(大さじ1)

■しょうゆ(小さじ2)

■塩(調理用)(小さじ1と1/3)

■こしょう(調理用)(適量)

・生クリーム(適宜)

 

【作り方】

①牛肉は包丁の背で背面をたたき、大きめの一口大に切り、塩こしょうをもみ込んでから薄力粉をまぶす

(力強く叩いたので、ちょっとしたストレス解消になりましたよ笑)

 

 

②玉ねぎは8等分のくし切りにし、にんじんは乱切りにする。

マッシュルームはお好みの大きさに切る

 

 

 

③Leggieroにバターを入れて中火で熱し、①の牛肉の半量を両面焼き色がつくまで焼いて取り出す。

残りも同様に焼いて火を止め、取り出す

 

 

④、③に②の玉ねぎ、にんじん、マッシュルームの順に入れ、③の牛肉をのせる。

よく混ぜ合わせた■を加え、蓋をする

(鍋いっぱいの量になりました)

 

 

⑤「自動調理をスタート」ボタンを押し、点火する

※ここが「+R RECIPE」のすごいところ!!!

アプリのレシピ内の「自動調理スタートボタン」を押すだけで、時間を測ることも火加減を調節することも必要ありません!!! すべて自動で調理してくれます(^^)

 

 

コンロ上の液晶画面に残り時間が表示されます

この間は一切手を加える必要がないので、その間にもう一品作るもよし!片付けをするもよし!おやつタイムにするもよし!!昼寝をするもよし!!!

時間を有効に使えますよ~(^^)

 

 

⑥煮込みが終わったら全体を混ぜてから器に盛ったら完成!

(お好みで生クリームをまわしかけてもいいですね!)

 

名前の通り、じっっっっっっくり煮込んであるのでお肉がとろとろでした。

とろけすぎて、噛みませんでした!(あ、いや、ちょっと盛りました、噛みました笑)

歯が弱い高齢の方でも問題なく食べれるくらいお肉も野菜も柔らかかったです(*^^*)

 

煮込んでいるあいだは放ったらかしでいいというのがやっぱりポイント高いですね!

出来上がったら鍋ごと食卓に置いてもいいですしね(映え間違いなし!)

市販のデミグラスソース缶を使ったとは思えない本格的な一品になりましたよ(^^)

 

スーパーでステーキ肉を見かけたら、ぜひ試してみて下さい(^^)

 

 

【おすすめの無水料理はこちら(^^)/】

リンナイ「ザ・ココット」で「無水ロール白菜」を作ってみた