> > > 検証:マイクロファイバータオルでドライヤー時間はどのくらい短縮できるのか?

越後プロパンBLOG

2021.11.23 LIFE STYLE

検証:マイクロファイバータオルでドライヤー時間はどのくらい短縮できるのか?

 

こんにちは。

みなさんはドライヤーで髪を乾かす際に、どのくらいの時間が掛かりますか?

 

 

ほぼ毎日しなければいけない髪を乾かすという作業・・

夏は汗だくだし、冬は頭皮が乾燥してかゆくなりがちだからサッと終わらせたい!!

子供は特にそうですよね~!逃げ回る1歳児をドライヤー片手に追いかけて、7割乾いたくらいでいつも諦めてしまうのはわたしです。。

乾く時間は髪質や長さ、量によって様々だと思いますが、面倒なドライヤーは短時間で済ませられたら嬉しいですよね!

 

 

でも、ドライヤーを買い換えるにはそれなりにお金が掛かるし、その為に髪を切るのは違う・・

 

 

そんな方におすすめしたいものが「マイクロファイバータオル」です!!!

ドライヤーをする前にこのタオルで髪を拭くとかなりの時短になるんですよ~!

え?それだけでいいの?!という声が聞こえてきそうですが、それだけでいいんです!

 

 

マイクロファイバーは合成繊維の一種で、最大の特徴はその繊維の細さです。

髪の毛の100分の1と言われる細い繊維によって手触りがとっても柔らかく、更に繊維の間に水分が吸着されやすい構造になっています。さらに髪に引っかかりにくいので、髪へのダメージが少なく済みます。(へえ~)

それでは、乾く時間がどのくらい違うのかやってみましょう!(Let’s Try!!)

 

 

ちなみにわたしは、髪の長さは肩より上ですが、髪の量は自他共に認める程たくさんあります。美容室でドライヤーをしてもらう時は必ず2人掛かりです。ダッカールも弾きます(笑)

 

 

では、まずはいつもどおり、家にある普通のタオルで拭いた後、ドライヤーで乾かします。

時間は・・

5分17秒!!

時間を図りながらドライヤーをしたことがありませんでしたが、いつも5分以上掛かっていたのか。。。という印象。

 

 

 

では、マイクロファイバーのタオルで拭いてからドライヤーで乾かしてみましょう!

時間は・・?!!

2分25秒!!!!!!!(゜.゜)

驚きーーー!!

半分以上タイムを縮められるとは、正直期待以上でした!

使ってみると、タオルがどんどん湿っていき、吸収性に優れているのがよくわかりましたよ!

更に、表・裏きちんと使って念入りに拭くと、その時点で前髪はほぼ乾いることに気が付きました!すごい!

 

 

ひとりで3分違うということは・・

我が家は1歳児の他に髪の長い子供もいるので、単純に3人で9分違うということになります。

忙しい時間帯の9分はとっても貴重!!

そして、なかなかじっとしていられない子供にとってのドライヤー時間の3分も大きいですよね。

 

髪にも優しくて、時短も可能なマイクロファイバーのタオル、とってもおすすめです!柔軟剤を入れなくても洗濯した後はいつもふわふわです!みなさんも試してみてください(^^)/