> > > 弥彦村で行われた彌彦温泉FESウィッシュ(彌彦神社・弥彦山)に行ってきました

越後プロパンBLOG

2022.07.26 LOCAL

弥彦村で行われた彌彦温泉FESウィッシュ(彌彦神社・弥彦山)に行ってきました

暑い…

みなさん、暑い日が続きますがいかがお過ごしですか?

暑さを吹き飛ばすイベントが各地で開催されていますよね。

今回は6月26日に西蒲原郡弥彦村で開催された彌彦温泉FES ウィッシュに行ってきました。

 

自然豊かな弥彦神社で爽やかな風を感じながら心地よい歌を聴ける贅沢なイベントでした。

イベントの様子はブログ後半で。

で、前半はというと彌彦温泉街に行ったということは、街歩き~神社巡り~弥彦山が定番。

もはや定番ですが子供と行くとこうなっちゃうよwと言う若干残念な結果とともに定番のルートをご紹介します。

それでは散策スタートです。

弥彦観光協会さんの街歩きマップをお借りしました(MAPは下のダウンロードから)▼

①多目的施設「ヤホール(MAP-B3)」(今回の最終目的地でもあります)からスタートしました。

そしてすぐに子どもの目に留まる遊具…目ざとい。

観光地だとお子さんは飽きてしまって言うことを聞いてくれないなんてこともざらだと思いますが、子どもたちも遊べる遊具があるのはうれしいですよね。そのおかげで観光や街歩きできないデメリットもありますが…

この先には弥彦公園・もみじ谷と見どころがあるのですが、遊具にハマり今回は断念。(こちらは秋が見ごろと言うことで…)

ちなみに、子供が浴衣を着ているのは、「浴衣でまちあるき(9月25日まで)」イベント開催中にかこつけて浴衣と甚平を着てきたからです。

浴衣レンタル(有料)も出来るので、皆さんいかがですか?

ちらほら浴衣の方もいましたよ。

 

②神社通りを彌彦神社に向かい歩きます。(MAP-B2~C2にかけて)

途中、「きんぴらだんご」・「白いパンダ焼き」・「ところてん」を頂きました。街歩きは「食べ歩き」が醍醐味ですよね。

この時期にはうれしい「ラムネ」子供たちは炭酸飲料が大好きですよね。(ちなみに、わたしは炭酸が飲めません←誰得の情報?)このお店は、抹茶スイーツも充実しているそうですよ。

 

③彌彦神社「一の鳥居」をくぐり彌彦神社内へ(MAP-C・2~D・2エリア)

「一の鳥居」やはりここをくぐらずにはこの先進めませんよね

くぐった先には橋があって小川が流れます。心地よい風と小川のせせらぎに癒されます。暑い時期は影と風はありがたいです。

手水舎で手を清め、「拝殿」へ!とならないのが我が家w 

行先は「鹿苑」です。神様のお使いの鹿「神鹿」様にご挨拶してきました。

 

神鹿と言えば奈良の春日大社!と思っていた私ですが、元祖は茨城県の鹿島神宮だそうです。今度、懐かしのドラマ「鹿男あおによし」をみて勉強します(世代がバレるやつ)

ちなみに!みなさんは鹿の鳴き声って聞いたことありますか?

私は初めて聞きました。今回聞いた鳴き声はなんと「メェー」

何だと!?目の前にいるのは何者?と思ってましたが、

実は鹿はいろいろな泣き方をするらしく、メェーの時は母鹿が小鹿を呼ぶ際の鳴き声だそうです。へぇー勉強になりますね。

警戒されてるときは「キャンキャン」などの鳴き声だそうで、さすがに普段からたくさんの観光客を相手にしているだけあって余裕なんでしょうね。

 

④気を取り直してw「拝殿」(MAP-C2)へ

二の鳥居をくぐると、随神門~拝殿が見えてきます。創建年は不明ですが2,400年以上の歴史があるそうです。

今2022年。そう紀元前からこの地域を守ってくれていたんですね。ありがたや。

ご存じの方も多いとは思いますが彌彦神社の参拝作法は「二礼四拍手一礼」です。

ちなみに!一般的な「二礼二拍手一礼」でも問題ないそうなのでご安心ください

 

⑤参拝の後はロープウェーで頂上へ(MAP-C1)

今回は子供が浴衣にサンダルなので歩きではなくロープウェーで山頂へ登りました(と言うていで親が楽したいだけ)

やはりロープウェーは大人・子ども関係なく興奮しますよね。しかも運よく登りの際は我が家だけ!とても贅沢な時間でした。

雄大な景色が広がります。

 

⑥山頂では360°広がるパノラマを楽しめます!(MAP-C1)

だがしかし!我が家は楽しむ間もなく子供たちが頂上の遊具コーナーへw

射的コーナーやレトロ遊具に吸い込まれます。

一応アリバイ写真は撮りましたけどねw

 

⑦ロープウェーを下ると来た道を戻り目的のライブ会場へ「①のヤホールへ戻る」(MAP-B3)

長かった旅もこれが目的。彌彦温泉FESウィッシュの会場「ヤホール」です。

※実際はほかにも2会場あったのですが、子供に引っ張られて見る余裕なしwかろうじて写真だけ

会場前にはドリンク・フードのキッチンカーもズラリ。ドリンクや軽食、休憩スペースもあるので熱中症になる前に一休みできるのもうれしいです。

最後は子どもたちも何とか着席しライブを楽しめました。

自然の中で、しかも神社周辺で行われたフェスと言うことでとてもゆったりとした雰囲気と爽やかな風がとても贅沢な空間でした。

写真のアーティストは乙川ともこさんと青木 慶則さんです。青木さんはパロマのCMの歌を歌ってる方ですよ。

 

最後は足湯で今日の疲れを癒すことができました。

我々が行ったときはほぼ終盤だったのですが、日中は薔薇🌹が浮いた足湯だそうですよ!これも贅沢。

※今回の戦利品で一番のお気に入りは「カレー豆」(すでに食べかけw)

四季折々の景色が楽しめる彌彦神社は温泉街もありちょっとした旅行気分も味わえるのも魅力ですが、フェスと言った一味違う雰囲気の彌彦神社もまたいいですね。

観光協会さんではイベント情報を入手できますので、気になるイベントをチェックしてみてください。

 

初めての方もそうでない方も色んな顔の彌彦神社を楽しんでください。

 

ヤホールへのMAPはこちら▼

 

(一社)弥彦観光協会・弥彦観光案内所さんの情報はこちら▼

住所  〒959-0323 新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦971-4
電話番号  0256-94-3154
受付時間  9:00~17:00
SNS