> > > 乾太くんでタオルを乾燥してみよう!

越後プロパンBLOG

2021.10.28 GAS

乾太くんでタオルを乾燥してみよう!

 

こんにちは(^^)

 

今回はタオルを洗って、乾太くんで乾燥してみたいと思います。
ハンガーに掛けて室内干ししたものと比べてどんな仕上がりになるか見比べてみましょう!

 

 

使用したのは布巾ほどの大きさのタオル6枚。
(お恥ずかしいですが、何年使用しているか覚えていないくらい使い古したタオルです・・)

 

室内干しと乾太くん使用のものとで、3枚ずつに分けました。

 

 

まずは通常通り、全部一緒に洗濯機で洗います。

 

 

脱水まで終わったものを、ハンガーに掛けて室内干しするものと、乾太くんに入れて乾燥させるものに分けます。

室内干しは乾くまで待ちます。

乾太くんは、中に入れたら、コースを選択し、スタートボタンを押します。

今回は少量なので「エコモード」を選択しました。

 

 

乾燥が終わったら、「ピーピーピー」と音で知らせてくれます。

 

 

 

では、室内干ししたものと、乾太くんを使用したものを比べて見ましょう。

ひと目見ても乾太くんの方が、圧倒的にボリュームがあるのがわかりますね。

本当に同じタオルなの?というくらい、使い古したタオルもやわらかく仕上がりました。

繊維が固くなり、ガサガサとした室内干しのタオルに比べ、乾太くんを使用した方は、

繊維がふんわり立ち上がっていて、手触りも気持ちいいです。

ホテルに置いてあるようなタオルの感触です。(ちょっと言い過ぎました(笑))

でも、そのくらいの仕上がりです。

 

 

今後はタオル以外にも乾燥していきます(^^)

みなさまに、リアルな声をお届けしていきますので、次回もお楽しみにしてください。

 

乾太くんの詳しい情報はこちら(リンナイ公式サイト)